外国人人材採用と育成

Global HR

「双方向教育」「定着」を目指す人材サービス

日本人の英語力向上や外国人雇用をはじめとした、日本型組織のグローバル化を目指します。
教育を核に日本企業と外国人人材の双方向が歩み寄る会社組織を目指し、日本とアジアをいい感じに繋ぎます。

こんな方々にご利用いただいています

  • 日本人の採用に
    苦戦している企業

    • 多額の広告費をかけても
      応募が来なかった

    • マッチする人材、優秀な人材に
      出会うことができなかった

  • 社員の「定着」について
    課題を抱えている企業

    • 採用した人材が
      すぐに辞めてしまう

    • ベテラン社員の高齢化に伴い、
      業務を引継ぐ若手社員を育成したい

  • グローバルに対応しうる
    人材の獲得を目指す企業

    • 海外展開に向けた英語対応ができる
      人材採用を検討している

    • 海外人材の採用に興味がある

Service

八戸学院グループだから出来る
「教育」を軸にした人材育成

従来型の人材紹介サービスではなく「双方向教育」をキーワードに、
教育を通じてアジアの若者を育てることに注力。
グローバルで活躍する優秀なアジアの若者の希望と、
人材不足が進む日本企業の未来を繋ぎます。

  • アジア→日本へ

    エネルギーと活気に溢れるアジア諸国。
    アジアの若者の日本企業への就職機会の提供とサポートを展開しています。

  • 日本→アジアへ

    日本企業はこれからさらに海外進出、そして外国人材の受け入れ等、ダイバーシティの波に乗らなくてはなりません。
    日本人社員向けの英語研修やフィリピン留学(提携先「CNE1」)をサポートしています。
    ※詳細はフィリピン語学研修サポートページをご覧ください。

Service

フィリピン人材の
採用コンサルティング

日本企業のフィリピン人材採用(主にIT・エンジニア人材)の
コンサルティングを行っています。
採用前の手続きや面接サポート、採用ビザ手続きまで
八戸学院グループおよび提携パートナーが支援します。

  • 現地の大学と提携

    フィリピンの北ルソンに位置するIT・工学系大学と提携し、日本就職に関心のある学生を募集します。
    現地面接に参加する学生は、事前に教授推薦や履歴書審査、オンライン面接を通過することができた優秀な学生です。
    ※今後その他アジア各国への展開も検討しています。

  • 手続きサポート

    フィリピン人の採用に関する、採用前手続き(フィリピン独自の事前手続きが必要になります)やビザ申請はフィリピン政府公認の提携送り出し機関が一貫してサポートします。
    はじめての採用企業様も安心です。
    ※在留資格「技術・人文知識・国際業務(在留期間の更新が可能、家族滞在ビザの取得も可能)」が取得可能な人材のご紹介です。
    ※今後、特定技能等の取り扱いも検討しています。

Service

グループ施設の
日本語トレーニングセンター

採用決定後のフィリピン人は現地の日本語トレーニングセンターで
約半年間の日本語・文化トレーニングを実施します。
八戸学院グループのグループ施設で実施することで採用から
教育までを一貫してサポート致します。

半年間の集中
日本語・文化トレーニング

日本企業からの内定が決定した内定者は、フィリピンにある八戸学院グループのグループ施設「CNE1日本語トレーニングセンター」にて、約半年間の日本語・文化トレーニングを実施します。
担当フィリピン人講師(N1所持、日本留学経験あり)によるオリジナルカリキュラムによって日本語能力試験(JLPT) N5~N4レベルの習得を目指します。

周囲に日本人がいる環境

日本語トレーニングセンターに隣接する英語留学施設では、常に日本人留学生が英語を勉強しています。
週に1回交流イベントを実施し、お互いの言語や文化を学び合う場を設けています。
同じ敷地内で生活するため、
授業以外でも日本人とのコミュニケーションの機会がたくさんあります。

Service

「定着」を目指す
人材サービスの強み

「人材を探す」から「人材を育てる」へ
八戸学院グループは人材不足を補うための手段としてではなく、
「定着」し長期的に活躍しうる人材を採用、
そして育成頂くことを目指しています。

  • 奨学金モデルの採用

    日本語・文化トレーニングの授業料及び生活費は、企業から内定者に「奨学金」として支給いただきます。
    この奨学金は、3年間採用企業で就労することで返済不要となる条件付きの給付型奨学金です。
    学生は自己負担や借金をせずに日本就職へチャレンジすることができ、学習と就労の機会を提供してくれた採用企業へのロイヤリティの向上、モチベーションの維持と定着につながります。

  • 来日前後のコミュニケーションの機会提供

    半年間の日本語・文化トレーニング中は月に1回程度、企業と内定者のオンライン面談を実施し、来日前から双方の関係作りや不安解決のコミュニケーションの場を用意します。
    来日後は年1回程度、同窓会を開催。全国各地で頑張る仲間との再会と近況報告の場としてだけでなく、採用企業同士の情報交換や悩み相談の場として交流を深めていただく目的です。

Case Study

導入事例

Sponsor

スポンサー